Click here for menu

サイズを考える

新郎新婦

冠婚葬祭において、写真が占める割合はとても高い。
特に、現在の日本では一生に一度のものである。
そうなると余計に写真を残すことの重要性はとても高い。
しかし、写真を業者に依頼すると高い。
普通の人は写真家に知り合いはいないので、別予算を組んで考える方もいる程だ。
しかし、運が良いことに、私達が挙式した際に披露宴の写真を撮って下さったのは私の知り合いだ。
話をたどると、当時勤めていた先の現場で、広報誌を編集印刷して頂いた出版社に私の幼稚園来の友人が勤めていて、担当さんと友人双方にその話をしたら偶然が重なり不思議な感覚を持った。
それで、きちんと支払うから写真を撮ってもらえないか話をしたら快く引き受けてくれた。

披露宴会場の担当者にも相談すると、友人ということにしておけば別料金は取らないと言われたので、カメラマンさんを友人の席として用意し、謝礼を他の遠方から来た友人のお車代のように渡して上手に撮影して頂いた。
このような例は後から考えてもとても稀なケースで、不思議な縁としか言いようがない。
だいたいは結婚式の会場に業者がいるが、そこで撮影するのは2人や集合の物が多い。
また、最近では披露宴の際は洋装だが、和装の様子を別に残そうということで、別の業者に先に行って撮影して、受付の机にその様子を飾るスタイルも増えてきた。
あと、終わり間際にドラマのようにクレジットと言って、披露宴の参列者の名前をスナップとともに流す演出もある。
評判・口コミもいろんな場面での得意な人を探すのが大切である。